(3)無い物ねだりの一生

おはよう^^
今日も晴れ!
明日は 雨ぽいので 洗濯物は 早目早目に
やっちゃいましょう。
昨晩は 初めて雑穀入りのご飯にしたよ。
お赤飯みたいで おいしかったけど
家族は いまいちだったかな~?
とろろを掛けてあげたら 「合わない」と 娘に言われちゃった~orz
まぁいいか~。
まだ雑穀が残っているから めげずに作ろうっと(笑)


無い物ねだり・・
ははは
なんだか 長いな。
自分の汚点をさらけ出しすぎなような気分になってきたぞ。
ここからは 特に気分を害するブログになりそうなので
気になる方は スルーされてください。


結婚は 始まりであってゴールじゃないっていうけど
出産もそうだったのかと 出産して思いしらされた ばか親です。
妊娠中は スキーができないから
出産したら またスキーに行こうと思っていた。
行かれる余裕なんてゼロだった。


抱っこしてないと泣く(背中にセンサーがついているんじゃないかと思うほど)
夜は 寝ない。
母乳をあげれば ゲボゲボ吐く。(耳の中は 吐いた母乳が入るのか 汚い)
紙おむつなのに いつも漏れて濡れている。
おしりが 真っ赤にただれるから 
ウンチの時は 必ずお湯でお尻を洗う。(おむつが外れる3歳までやっていた)


なんで子どもを産んじゃったんだろう。
なんで結婚しちゃったんだろう。


今度は 独身の女性や 子どものいない既婚者が
羨ましくて 羨ましくて。


ベビーカーに乗せると 泣く長男だったから
ゆっくりお散歩なんかできなかった。
どうしてもベビーカーに乗せないと動けない時は
号泣する長男を乗せて 走ったこともあった。
(うるさくて周囲に迷惑だろうと思って走った)
輝く世界一幸せなママには なれない・・というか 幻想だと思った。


その後 次男・娘を出産して
(あまりに長男が大変だったので 一人っ子で良いと思っていたけど)
長男ほど大変ではなかったが 夜は 浅くしか眠れない日々が
長男出産時から 娘が8歳になるくらいまで 10年以上続いた。
(やっと 最近は 子どもを気にせず眠れるようになった。)


そして今は
自由時間は たくさんある。
またまた 無い物ねだり(笑)
かわいい赤ちゃんを連れた 若いママさんを見ると
「あ~~なんて 幸せそうなんだろう」と 思う私がいる。
年齢的にも 経済的にも 精神的にも もう無理であることは 承知している。
だけど・・・
あの丸くズッシリとした赤ちゃんのお尻をみると
「あ~~もう1度 抱っこしたい」って思う(笑)
(孫っていう手もあるけどね)


私の無いものねだりは 一生続くだろう。
「希死」もそのひとつ。
ただ 死んだ後にも 感情というものが存在するなら
きっと
私は
「やっぱり生きていれば良かった」と思うんだろうな。
そして生きている人を見て 羨ましがるんだろう。
死んでも直らないとは こうゆうことなのだ。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。